縁起の良い柄に身を包んで・・・ 竺仙「江戸小紋」と知念冬馬「紅型作品展」④

とき:7/10㈮~7/20㈪

写真:竺仙鑑製:江戸小紋着尺極柄「宝尽くし」

竺仙「江戸小紋」と知念冬馬「紅型作品展」より先行入荷しております、

竺仙鑑製:江戸小紋着尺「宝尽くし」。

宝物を集めた福徳を呼ぶ文様。

それぞれの文様の意味合いは・・・

・宝珠 ⇒ おもいのままになる

・宝巻・巻軸 ⇒ ありがたいお経の巻物

・打出の小槌 ⇒ 打てば宝がでてくる

・金嚢 ⇒ 砂金や金貨を入れる

・分銅 ⇒ 金を計る

・隠れ蓑・隠れ笠 ⇒ 体が隠れる

・鍵 ⇒ 大切なものを守る土蔵の鍵

・筒守 ⇒ 宝巻・巻軸を入れる物

など、この他にもいくつかある文様を組み合わせて
使われている柄を「宝尽くし」と呼ぶそうです。
※インターネットより引用
 

天保13年(1842年)創業の「竺仙」。

昔乍ら(むかしながら)の"手付け"で作り出された"江戸小紋"を

定番の柄からおもしろく、遊び心のある柄、思いを込めた柄までご用意いたします。

ぜひお越しくださいませ。

🌟竺仙:各種リンク先

🌟知念紅型研究所:各種リンク先

皆様に安心してご覧になっていただけるように、

①従業員のマスク着用

②アルコール消毒ハンドジェルの常設

③定期的な換気

などの事項を徹底しております。

また、7月末まで【 きもの お手入推進月間】を行っております。
弊社へお持ち込みいただきましたらサービス価格にてお手入れさせていただきます。
※先にお見積りさせていただきます。
※お着物の状態等によ料金が変動します。
※期間中、お預かりしてからお渡しできるまで若干期間がかかってしまう場合がございます。
※何かご不明な点等ございましたらお尋ねください。
◆ホームページ・Facebook・Instagram・Twitter・「オンラインショップ」は定期的に更新してまいります。

こちらもどうぞご覧くださいませ。

#今出来る事を精一杯明るくやって行こう!
#がんばろう日本!
#コロナに負けるな!