たのしいきもの 叶や

【 織楽浅野 】

"織を楽しむこころ"

そのコンセプトのもとデザインする「織楽浅野」さん。

デザインだけでなくその"軽さ"に感動すら覚えます。

着物は足し算 だからこそ余白残し"

もう一つのコンセプトとして、あえて色数を少なくし帯揚げや帯締めで色を添える・・・

そんな楽しさを教えてくれる作り手さんです。

◆織楽浅野 九寸帯「印度更紗Ⅱ」

◆織楽浅野 九寸帯「花飾割付」

◆織楽浅野 袋帯「双鳳凰文」

◆織楽浅野 袋帯「謡」

◆織楽浅野 袋帯「割付小花」

◆織楽浅野 九寸帯「琳派金泥」

◆織楽浅野 九寸帯「蔓花異文」

◆織楽浅野 九寸帯「名物市松牡丹」

◆九寸帯「彩七宝霞」

七宝柄の柔らかな水色地に雲のような霞が流れる「彩七宝霞」。

抽象的な柄行が着物の柄を損なわない所がポイント。

こちらもスッキリとしていて装いの中に気品を感じさせてくれます。

無地感の紬、色無地、江戸小紋、小紋、そして軽めの附下にも・・・

その時の気分で小物合わせしてオシャレにお召しいただきたいですね。

◆九寸帯「掻落陶磁文」

15世紀の李朝の陶磁器をモチーフに織られた「掻落陶磁文」。

胎土に化粧土を重ねて表面を削り異なる色を出す・・・

そのイメージを折出表現されていますね・・・

無地感の紬、色無地、江戸小紋、小紋、そして軽めの附下にも・・・

その時の気分で小物合わせしてオシャレにお召しいただきたいですね。

◆九寸帯「空と海」

アート的なデザインの「空と海」。

様々な文様が散りばめられた柄に遊び心と共に先鋭的な印象を感じさせてくれますね・・・

無地感の紬、色無地、江戸小紋、小紋、そして軽めの附下にも・・・

その時の気分で小物合わせしてオシャレにお召しいただきたいですね。

◆織楽浅野 袋帯「欧風草花段文」

≪売切御礼≫

◆九寸帯「鳥獣花紋」

≪売切御礼≫

淡くそして柔らかい乳白色の地色に光沢のある柄の「鳥獣花紋」。

柄は光の当たり方などでいろんな色に変化して・・・

スッキリした装いの中に気品を感じさせてくれます。

無地感の紬、色無地、江戸小紋、小紋、そして軽めの附下にも・・・

その時の気分で小物合わせしてオシャレにお召しいただきたいですね。

◆九寸帯「聖樹文」

≪売切御礼≫

エレガントな柄行の「聖樹文」。

均整の取れた柄の配置、そしてそれを「織楽浅野」さんらしい配色で作られてますね・・・

無地感の紬、色無地、江戸小紋、小紋、そして軽めの附下にも・・・

その時の気分で小物合わせしてオシャレにお召しいただきたいですね。